孝舟作 商品カテゴリー

へら浮き

小物

オーダー&修理依頼

孝舟情報

へら浮き 底釣り用

スタンダードタイプ

従来のオーソドックスな底釣り用の浮きです。なで肩で、竹足タイプなので浮きの戻りがよく、底釣り独特のアタリを演出してくれます。

詳細はこちら

NEWスタンダード(一本取り)

一本取りのため魚の微細な動きもキャッチしやすく、今の釣りに合わせた、トップがやや短い底釣り専用の浮きです。

詳細はこちら

極細タイプ(一本取り)

より繊細なアタリをとるために、細身の一本取り、かつ極細のトップを使用しています。両グルテンなど厳寒期の微細なアタリを確実に伝えてくれます。

詳細はこちら

底グラスムク(一本取り)

厳寒期のより小さなアタリを捉えるために、トップにグラスムクを採用しました。グルテンセット、両グルテン、両ダンゴ、などの底釣りに最適です。

詳細はこちら

段底タイプ(一本取り)

厳寒期のかすかな魚の動きを確実にキャッチするために一本取りを採用し、バラケも抱えやすくするためトップを長めに設定してあります。PCムクトップがカチッとしたアタリを捉えてくれます。

詳細はこちら

NEW段底タイプ

旧段底タイプの後継品でオモリ負荷をやや多くし、クワセの安定と仕掛けの流れをおさえました。軽いクワセを使用した時のエサの安定に効果的です。

詳細はこちら

NEW極細タイプ(一本取り)

ボディの肩を張らして下部の絞りを少なめにした従来のタイプより「戻し」を重視したタイプとしてあります。絞りが少ない分オモリ負荷が増えるので5㎜の径の羽根を使用してあります。両グルテンの底釣りやセット釣り、段底にも使用可能です。

詳細はこちら

▲ページの先頭へ